最高級の墓石は?

墓石値段は、墓石に何を用いるかで大きく異なってきます。

例えば、国産か外国産か、これだけでも倍も墓石値段は変わると言われており、

どの石を選ぶかが、実際の墓石値段を大きく左右する最大のポイントなのです。

それこそデザインは全く同じお墓でも,

使っている石の種類が違うだけで、

値段が2倍も3倍も異なることだって珍しくありません。

国産の石で最も高級とされているのが「庵治石」と「本小松石」です。

「庵治石」は香川県木田郡で産出される墓石で、

とりわけ西日本において人気が高いようです。

まだ関東以北だと見かけることも少ないかと思います。

国産の花崗岩の中でもピカイチの品質で、

非常に細かい岩目と耐久性の高さが魅力です。

うろこ雲のように見える模様「斑(ふ)」が特徴で、

「斑」が均一に美しく現れているかどうかで値段も変わってきます。

「本小松石」は神奈川県足柄下郡箱根町で産出される墓石で、

こちらは東日本においてとりわけ人気が高いようです。

やわらかな光沢で、年を経ることで味わいが増してくるのが特徴です。

色目には、淡灰緑、あずき、灰色の三種類があります。

この二種類の石は、昔から墓石として非常に人気が高く、

その値段も非常に高いことでよく知られています…。

もし、最高級の墓石を検討してみたいということであれば、

先ずはこの二種類に実際に触れてみることをおすすめします。

他の石にはない魅力が、この二種類からは感じられるはずです…。

但し、お値段はほんとうに高いので、その点は要注意です。